子連れ温泉!温度に注意

子連れ温泉!温度に注意

初めて子連れで温泉に行くとき、まず気になるのは泉質ですよね。温泉や宿によって泉質は違いますが、よほどの強酸性泉でなければ、子連れでの温泉は意外と大丈夫なんです。子供の肌がとくに敏感肌だったり、皮膚疾患があったりする場合は気をつけましょう。


むしろ子連れの場合、気にしたほうがよいのは温泉の温度。これは、事前にわかりにくいです。温泉旅館によっては、沸かしているところもあります。源泉温度では測れませんね。行ってみたら浴槽が激熱で入れない、なんてこともあります。


行く前に温泉の宿にきいてみるといいですね。宿によっては、種類の違う温度の浴槽があるところもありますので、子連れなら、ぬるめの浴槽がある温泉の宿がいいでしょう。熱いからといって、ホースで水を引き込んでぬるくするのはご法度ですからね。


温泉の湯は含有成分があるので、水道水を沸かしたものよりも熱めでも気分的に平気ではいれちゃうものです。ですから、実は熱いお湯に入ってるのに気付かないで長湯をしてしまうと湯疲れしてしまいます。子連れの場合は、おとなが気をつけてあげるといいですね。


熱すぎる温泉の湯は赤ちゃんだけでなく、大人でも大変です。しかも寒い時期に、宿の寒い脱衣所から急に熱い湯に入ったりするのは危険です。


温度がぬるくても、赤ちゃんはあまり長湯をさせると疲れてしまいます。子連れの場合、温泉に赤ちゃんを入らせた後、また大人はゆっくりはいりなおすようにしましょう。


同じカテゴリ(地域)の温泉宿

  1. 子連れ温泉旅行浴室のマナー
  2. 子連れ温泉旅行の、宿でのマナー
  3. 子連れ温泉の旅行では、無理をしない
  4. 子連れ温泉!温度に注意

ポジショントレード